創作情報同人誌『ライトクリエイターズ(仮)』・企画中

概要

『ライトクリエイターズ(仮)』という創作情報同人誌の企画が現在進行中です。「創作情報」というのは、創作者のための情報という意味です。早ければ夏のコミックマーケットで、遅くても冬のコミックマーケットで、年内に発行できればと考えております。

詳細

仕様について

編集者は私ひとりになるため、『新文学』から見るとページ数が半減します。また、「ゼロアカ」のときのような大出版社の集客力はもはやないので、部数もそう多くは刷れないでしょう。そして、印刷は多く刷るほど安上がりなので、価格を下げられません。そういうわけで、『新文学』と比較すると割高になって申し訳ないです。ただ、同人市場ではわりと普通の価格設定になります。

紙面について

情報誌ということもあり、『新文学』よりグラフィカルな紙面にしたいと考えます。と、口で言うのは簡単なのですが、より編集作業に手が掛かることが予想されます。すでにライターの仕事が忙しくなりつつあるので、非常に前途多難ではありますが、そうした経験はライターとしての私に対してどこかに活きるかもしれない――というか実際、『新文学』は良い勉強になりました――ので、どこまでやれるかわかりませんが、精一杯頑張ります。

内容について

一番肝心な内容ですが、前述のように創作者のための情報誌となっています。この「創作者」とは、いったい誰を指すのか。それは、題名に「ライト」とあるように、アマチュアを対象としています。そして、「創作志望者」とは言っていませんから、プロを志望する人に限りません。純粋に趣味で創作活動をする人が読んで楽しめるような内容にしたいと考えています。

もう少し具体的に言うと、企画のひとつの軸として、「ネット創作」が挙げられます。もうひとつの軸は、「消費的創作」があります。この両軸の設定は、「ニコニコ動画」「初音ミク」「ケータイ小説」「Pixiv」など、CGMの台頭が動機になっています。「消費の延長線上で、ネットで日常的に、創作する」というのがひとつのテーマになります。

しかし、ネットの情報はネットで手に入ります。リアルの情報もかなりネットで集められます。そこで、ネットで手に入らないような企画が必要だと考えています。具体的にはインタビューと体験レポートという形態を考えています。それでは、誰にインタビューするのか、何をレポートするのか、といったさらなる詳細は、今後少しずつ発表してゆく予定です。

頒布について

コミックマーケットなどの同人即売会と、同人ショップを主な頒布場所と想定しています。ところで、コミケをはじめとする現在の同人界で、売れるジャンルと言えば、成人向け二次創作です。言い換えるとエロパロ、すなわち、エロエロでパロパロなものです。そのようなエロパロ全盛の流れにあって売れるのか、という疑問がなくもないです。エロパロじゃないとピンと来ない。

でも、このブログを始めたときに、現在を予想していたわけではありませんでした。何かを始めるときというのは、たとえ小規模なことでも、事前に何もかも見通せる訳ではなくて、やっているうちに見えてくることがあります。成功するかどうか気にしすぎて何もできないという事態もよくありました。なので、あまり結果を先回りして考えずに、まずは同人誌作りの経験を積むことを重視します。

個人的に思うこと

別にそうは売れないし、それにもうネットでかなりお膳立てが整っているから、これ以上創作の環境というのは、いまさらいらないのでは? という疑問がふと頭をよぎることもなくはないです。しかし、私はかなり昔に、初期の『コミッカーズ』を読んでいまして、今振り返ると、ああいう媒体や場所があると創作の動機が形成される、という実感があります。

今はネットがそうした場所になっています。しかし、本という形にすることにまだ意味があるだろうと考えています。まだ晴海でやっていた頃のコミケに初めて行ったときは、すごくびっくりして、こんなことをやっている人たちがいるのかと、初めて気付きました。今のネットはもっと進んでいるとは思いますが、顔が見えないネットだと、そこまでは驚きがない。というわけで、何かの動機になるきっかけになるような本を作りたいと思っています。

――ドラクエ4の4章で、この章の主人公、ミネアとマーニャの姉妹が牢屋に閉じこめられる場面があります。その牢屋にいる老人が、自分はもう先が長くないからと、乗船券をふたりに譲る場面があります。子供の頃は深く考えずにいましたが、今振り返るとドラマを感じます。で、何が言いたいかというと、まさにそういう本を作りたいということです。私はデビューも遅いですし、この先活躍する機会とかもうあんまりないですから、もっと若くて才能がある人のために、何かしたいと考えております。

募集について

もう少し企画が固まってから、ご協力をお願いすることがあるかもしれません。そのときはよろしくお願いします。

『新文学』参加者・正式発表

表紙

概要

同人誌『新文学』が入稿完了しましたので、すでに発表した方も含め、確定した天野パート(松平パートは松平様が後ほど発表いたします)参加者の方を、全員ご紹介したいと思います。同人誌ではありえないメンバーの豪華さに、私が一番驚いています。メンバーが凄いので、これなら500部全部売れそうですし、文学フリマの後も責任を持って売り続けたいと思います。(発表の順番は掲載ページ順・敬称略)

ライトノベル特集

SAA

メイドカフェぶろっさむ (バーズコミックス)

メイドカフェぶろっさむ (バーズコミックス)

  • 表紙イラスト・本文ミニカット
  • 「はいかぶりの音楽」(絵)
    • SAA様は、著書『メイドカフェぶろっさむ』の著者でいらっしゃいます。今回は表紙イラスト・短編ライトノベル「はいかぶりの音楽」の挿絵・本文中のミニカットを描いて下さいました。表紙絵は「新しい文学」の羽ばたきを感じさせて素敵です。ちなみに、あの可愛らしいキャラクターは「魔法少女はてなちゃん」です。
灰原とう

イメイザーの美術 (ガガガ文庫)

イメイザーの美術 (ガガガ文庫)

  • 「インタビュー 灰原とう」
  • 「はいかぶりの音楽」(文)

灰原とう様は、ガガガ文庫『イメイザーの美術』(現在〜3巻)の著者でいらっしゃいます。今回は、一人でメディアミックスしてしまう多彩な活躍について、インタビューに答えて下さり、また短編ライトノベル「はいかぶりの音楽」を書いて下さいました。灰原様とSAA様のライトノベルでのコラボレーションは、ぜひやりたかった企画で、実現してとても嬉しいです。

榎本秋

ライトノベルを書きたい人の本

ライトノベルを書きたい人の本

ライトノベル文学論

ライトノベル文学論

榎本秋様は、『ライトノベルを書きたい人の本』『ライトノベル文学論』(近日発売予定)の著者でいらっしゃいます。今回はライトノベルを「書きたい人」に向けてのインタビューに答えて下さり、また「読みたい人」に向けての近年のライトノベル界の概論を書いて下さいました。ライトノベルに関する書籍を何冊もお出しになっている、その確かな見識はとても参考になります。

泉和良(ジスカルド)

エレGY (講談社BOX)

エレGY (講談社BOX)

  • 泉和良+ジスカルド 10の質問」
  • 「緊急対談! 泉和良×ジスカルド」

泉和良様は、講談社BOX『エレGY』の著者でいらっしゃいます。また「アンディー・メンテ」のメンバーとして、ジスカルド様の名義でフリーゲームを制作してもおられます。今回は一人二役でのインタビューと自己対談というユニークな企画が実現しました。創作に関する真剣さがあり、しかもユーモアを忘れない、印象深い内容になっています。

魔王14歳

デジタルノベル特集

速水健朗

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

  • 「「ケータイ小説的。」外伝 オタク・スイーツ化する都市独身生活者たち」

速水健朗様は、『ケータイ小説的。“再ヤンキー化時代の少女たち"』の著者でいらっしゃいます。「30代最高のケータイ小説評論家」と自他共に認める、確固たる地位を築いておられます。今回の寄稿では、ヤンキー・オタク・スイーツという三タイプの現代的な消費者像を論じておられ、とても明快で納得できる消費論になっております。

アイシェア

乙女のための恋する携帯コンテンツ 私立★レクメール学園 オフィシャルサイト

  • 「インタビュー アイシェア」
    • ケータイ・サービスを提供している株式会社アイシェア・メイド部テクニカル萌えリストの戸川はるか様に、ケータイ界の動向を伺いました。「私立★レクメール学園」との関連で、ケータイにおける女性向けゲームについても触れられています。ケータイと女性向けゲームは、どちらも拡大している将来性のある分野で、動向が気になるところです。
W社
  • 「インタビュー W社」
    • ケータイ・アプリの開発企業であるW社のI様に、ケータイ界の動向を伺いました。残念ながら匿名でのご回答になりましたが、現場からの意見には思わずうなずかされます。
京都創楽(まぜまぜのべる

ノベルやゲームがWebで作れちゃう!「まぜまぜのべる」

  • 「インタビュー まぜまぜのべる
    • 京都創楽株式会社・代表取締役の首藤宏仁様に、「まぜまぜのべる」について、またノベルゲーム制作エンジンなど関連する話題について伺いました。「まぜまぜのべる」はWebブラウザ上でノベルゲームが作成できるという、きわめて画期的なネット・サービスで、ノベルゲームがブログのように普及するかもしれないと期待しております。
kagami/ねこねこ
  • 「対談 しろうと×kagami」
    • kagami(ねこねこ)様は、美少女ゲームを300〜400本もプレイされ、また古典文学にも通じておられます。好きなキャラは「神尾観鈴」というkagami様は、名作に「AIR」「夢幻廻廊」を挙げられており、その作品を中心として、今回はノベルゲームと古典文学との関連を伺います。

キャラクター特集

濱野智史

アーキテクチャの生態系

アーキテクチャの生態系

  • 初音ミクに出馬させてみた――「共有党宣言」のための覚書」
    • 濱野智史様は、『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』(近日発売予定)の著者でいらっしゃいます。「ニコニコ動画の権威」でもあり、今回は初音ミクと政治という意外性のあるテーマで、非常に斬新なアイディアの寄稿を頂きました。
黒瀬陽平

NHKブックス別巻 思想地図 vol.1 特集・日本

NHKブックス別巻 思想地図 vol.1 特集・日本

  • 釘宮理恵はなぜ偉大か? ―「役者」から「キャラ」へ」
    • 黒瀬陽平様は、批評誌『Review House』の編集者の一人でいらっしゃいます。また、『思想地図』の公募論文「キャラクターが、見ている。――アニメ表現論序説」も、鋭い論考に注目が集まりました。今回はキャラクターと声優論を展開し、声優のポジションを図解するという試みをされています。

本全体

天野年朗

m9(エムキュー) (晋遊舎ムック)

m9(エムキュー) (晋遊舎ムック)

  • アスペクト論」など
    • 私、天野年朗は『m9』でデビューして以来、フリーライターとしても活動しております。今回は、約1万字の「アスペクト論」で、「新しい文学」に関係ある「ロングテールの作家性」などを論じているほか、各特集に関係あるコラム的な短い文章も多少書いております。また巻末の「秋葉原から考える」では、本全体を締めくくる意味で、松平様と対談しております。
協力

本文デザイン・レイアウトでは、DTPにお詳しい西野積葉(大橋光則)様にご協力頂きました。そして、『新文学』共同編集者の松平耕一様には、何かとお世話になりました。このほかにも、協力を申し出て下さった方が何人かおられ、本の制作は共同作業だということを実感いたします。関わったすべての人に感謝いたします。

同人誌制作日記(14)

入稿

同人誌『新文学』の入稿が完了しました。あとは広報活動しながら文学フリマ当日を待ちます。入稿に際して、DTP関連で協力して頂いた西野積葉様と、共同編集者の松平耕一様に感謝いたします。

編集後記ではありませんが制作過程を振り返りますと、私自身の原稿執筆よりも編集作業の方がはるかに大変でした。そして、編集の至らなさを反省するしだいです。編集の現場にほんの少しだけ関わったことがあるので、大変だろうとは予測していましたが、思い通りに行かないことの方が多く、入稿が近づくにつれて波乱の展開になりました。

私の未熟さは素直に認めますが、しかし、本自体は素晴らしいと思います。素晴らしい方々が集まっておられます。天野パートについては、私執筆分よりも依頼原稿(対談など)の方が分量が多く、これだけの協力を得られたことについて、参加者の方々に感謝が尽きません。本の内容につきましては、改めて新しいエントリを起こしてご紹介させて頂きます。

今後

ただ、道場破りは講談社BOXの『パンドラ』に載らない(特に参加チーム中うちの組だけ名前が全く出ていない)ので、審査点・実売ともに非常に厳しい条件で戦うことになります。ブログのアクセスなら他参加者には負けないと思いますが、紙媒体とではパブリシティの重みが違い過ぎるので不利でしょう。別の見方をすれば、「徒手空拳」です。

まだ見本誌も提出していないのに縁起でもないですが、ゼロアカ道場でもし破れたら、批評家になるのは諦めて、ブロガー/ライター活動に専念したいと思います。さらに、現代思想スタイルを捨てて、オタク文化に専門特化して、批評というより純粋なレビューの方向に進むだろうと、漠然と考えています。

ですが、かりに負けても、そもそも出なければよかった、とは全く思わないでしょう。それがたとえ自分の稚拙な部分ばかりであっても、それが分からなければ先に進めないのだから、得るものがあると感じます。今度の勝負はかなりのリソースを注ぎ込んだので、勝っても負けても過去を清算し、新しい局面に進んでいく、転機にしたいと思っています。

同人誌制作日記(13)

まとめページ発表

新文学 - 萌え理論word

ブログだと関連記事が散らばって把握しづらいので、簡易まとめページを作り、関連情報を一元的に見られるようにしました。後でさらに詳細を書き込み、同人誌の方向性が分かるようにするつもりです。

天野パートの概要

私担当分の紙面構成の概要は、上記の三つの特集が主力になります。このほか、1万字自著梗概などを書きます。

ライトノベル特集」では、作家と評論家の方にご協力頂きまして、「新しい文学」としてのライトノベルの姿を浮き彫りにします。「デジタルノベル特集」では、ノベルゲームやケータイ小説など、デジタル環境で生まれる「新しい文学」の可能性を追求します。「キャラクター特集」では、現代のコンテンツ環境で有力になっている、キャラクターという概念を考察します。

同人誌制作日記(12)

対談企画発表

私自身がブロガーとして活動していることもあり、ブログ界から次のお二方を招待し、私との対談を同人誌に掲載する予定です。ご紹介いたします。

魔王14歳

魔王14歳(id:Erlkonig)さんには、「アンディー・メンテ」「ゆらぎの神話」「うみねこのなく頃に」についてお伺いしました。この間のトークイベントのときに『エレGY』を頂いたのですが、その作者がメンバーであるフリーゲーム制作サークルの「アンディー・メンテ」も、魔王さんの紹介で知りました。

アンディー・メンテ」に関して、はてな界隈で最も普及に影響を与えたと思います。また魔王さんが創設・運営している「ゆらぎの神話」は、フリーシェアワールドと二次創作の可能性を感じました。そして、今の魔王さんがオススメなのが「うみねこ」。この三つについて語って頂きました。

kagami

kagami(ねこねこ)さんには、エロゲ・ギャルゲについてお伺いしました。3〜400作はエロゲをプレイしたというkagamiさんが、中でも名作として挙げるのは「Air」と「夢幻廻廊」。そして、好きなキャラは「神尾観鈴」。

以前からブログ上で意見交換する機会もありましたが、今回は文学とエロゲについてお話を聞きました。エロゲーマーとして有名なkagamiさんですが文学への造詣も深く、文学とエロゲを関連させて文章を書かれる稀有な方です。対談ではエロゲから現代を見る視点で語られました。

Air

AIR 1 初回限定版 [DVD]マッグガーデン プレミアムアート コレクション TVアニメーション「AIR」 (マッグガーデンプレミアムアートコレクション)AIR ベスト版

同人誌制作日記(11)

文学フリマ当落発表

当選しました!

申込み自体は相方の松平さんが行っていたのですが、先ほどメールでブース取得を確認しました。みなさまに感謝いたします。これで、いよいよ後戻りができなくなりましたので、9月はこれまで以上に同人誌作りへ没頭します。

9月に入るともう締切が厳しくなりますので、8月中に最後の原稿依頼を行います。先方が引き受けてくださるかどうかで、当日の実売、ひいては勝負が左右されるでしょう。まさに道場破りの正念場です。

サブマリンへの警戒

ただし……、ゼロアカ申込締切はさらに先であるため、今まで水面下に潜んでいた道場破りが、サブマリンのように浮上してきて、数が多すぎるためゼロアカ側で選考して足切りする、という展開も想定できなくはありません。

しかし、ここまでの経験上一つだけ言えることがあります。われわれは7月から始めていますが、思い通りにいかないことが山ほどあって苦労しました。もし、9月に入ってゼロから同人誌を作り始めるようでは、勝機はほとんどないと見てよいでしょう。

これを別の角度で見ると、早い段階でいろいろな形で協力してくださる方々がおられなかったら、われわれもまるで勝負にならなかったことでしょう。最初の無償で募集したのは、普通に考えれば非常識な甘えたお願いであって、やはり感謝が尽きません。

同人誌制作日記(10)

題名

新文学』というタイトルにします。これは相方の松平さんと、二人で打ち合わせたときに決めました。これは、『新現実』(新現実 Vol.1 (カドカワムック (156))など)という、大塚英志氏の思想誌に影響を受けています。

「新文学」というのは、ここ十数年のネット環境・デジタル環境の進化を取り込んだ、新しい文学観を提唱するものです。たとえば、ライトノベルやノベルゲームやケータイ小説が、「新文学」の一例です。

しかしさらに、たとえばニコニコ動画の字幕は、動画に対する批評である、少なくとも批評になりうる、と考えています。あるいは、はてブのコメントが元のページに対する批評であるとも考えられます。

今度の同人誌では、そういう視点の可能性を探ります。特に私のキャッチフレーズを言えば、「ロングテールの作家性」です。コミケの二次創作でもニコニコのMADでも、面白いものはあるのだけれど、既存のメディアは十分にすくいあげていない。

それらを「新文学」と呼ぶのは強弁なのかもしれませんが、今回のゼロアカも、ゼロに戻る、ゼロの地平を徒手空拳で進む、という意味らしいので、共鳴するところはあると思います。

経過報告

間が空きましたが経過報告です。忙しくてブログの更新もままならないのですが、私にはブログくらいしか取り柄がないので、更新もしていきたいところです。

予想以上に必要な作業が多く、やや憔悴はしてきましたが、自分のやりたかったことなので少しも嫌ではないです。とにかく、積み上がったタスクを着実に崩していかないと、9月にはデスマーチ状況に陥りそうで怖いところです。

いろいろ手が回りませんで、協力者で必要な情報が届いていない方は、依頼しておきながらお手数で申し訳ないですが、遠慮なくメールで催促して下さればと思います。

さて、水面下では作業が進んでおりまして、すでに発表したメンバーに加え、さらに寄稿を頂けることになりました。公表は後ほどになりますが、同人誌ながら豪華メンバーになり、私も出来上がった本を見るのが楽しみです。

たくさんの方が協力してくださって、いくら感謝しても感謝しきれません。

意気込み

もちろん、文学フリマの抽選に漏れたら、ゼロアカには参加できません。もうじき、文フリの当落結果が送られてくる予定ですので、運命の時が近づいてきています。

しかし、今年はツキが回ってきているので、受かりそうな予感がしてなりません。かりに落ちたとしても、ここまで来たので同人誌は作ります。500部ではないでしょうが、きちんと刷って売っていきます。

――あるいは、同人誌の続編を何十号・何百号も出して、自力で1万部という選択肢すらあります。それは決して華々しいデビューではないでしょうが、徒手空拳の道場破りは、それくらいの意気込みがなければ、壁を破って通ることは難しい。

それでは出場する意味はなんでしょうか? 単著自体はもちろん重要ですが、それを出す際に第一線の編集者に、鍛えられていく課程が欲しいと感じています。

大勢で本をつくるときに、ライターはワンオブゼムなので、おろそかにしてるわけではなくても、編集者はいちいち構っていられません。いや、ちょっとした指摘でも、駆け出しの自分にはとても参考になりますが。

だから、最初から最後までつきあい見届ける経験がしたい。今回の同人誌はすでにそういう経験で、非常に勉強になりますが、さらに次のステージに進みたいのです。